高等学校の司書さん

室生犀星の詩を語る5月9日、石川県の公立・私立の高等学校の司書さんたちの集まりに呼んでいただきました。55人の方々でした。

会場は、金沢西高等学校。

始めに「声に出」というテーマのワークショップ、そのあとで、尺八の盛本芳久さんとのコラボレーションをしました。

真剣な顔・顔・顔・・・司書の方々は、朝からの集会だったそうで、私のワークショップの始まる14:00は、お疲れだったでしょうに、みなさん、真剣なまなざしで聴いてくださいました。その“気持ちのよい”真剣さを身体中に受けて、ワークショップをし、そして語りました。

生徒さんによる「あらしのよるに」写真は05年12月の雪の日に、北稜高校・学校図書館で語ったときのものです。司書のNさんと図書の係りの生徒さんたちが企画したクリスマスの集い。私は「室生犀星の詩」「雪女」「こうさぎましろのお話」を語りました。Nさんと生徒さんの掛け合いで谷川俊太郎の詩、生徒さん3人の掛け合いで「あらしのよるに」。そのほかクリスマスならではの企画がありました。

それぞれの高校の図書館では司書さんたちががんばっています。 (写真をクリック)

カテゴリー: 図書館, 学校, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です