メロメロポッチ・ライブ~弦奏の夜・語りとクラシックギターの夜

メロメロポッチ・ライブ弦奏の夜・語りとクラシックギターの夜の第53夜でした。
語ったのは、「深夜特急・インド」~ 沢木耕太郎・作

  多くの熱狂的なファンを持ち、バックパッカーのバイブルとまでいわれてきた
  沢木耕太郎の若き日の力作『深夜特急』。
  乗合バスでの一人旅。
  香港、マカオ、マレー半島、シンガポール、インド、ネパール、シルクロード、トルコ、
  ギリシャ、地中海、南ヨーロッパ、そしてロンドン。
  ユーラシア大陸を横断する遙か二万キロの旅。
  今回はインドの旅

「深夜特急」では、インドのほか、ネパールは南ヨーロッパを語りました。
語りながら、作者・沢木耕太郎さんの息遣いが感じられます。

次回は、シルクロードを旅しようか・・・地中海に行こうか・・・な・・

クラシックギター 谷内直樹  さん

メロメロポッチ (金沢市下近江町68BF、くすりのキリン堂横の地下)は不思議な空間です。
らせんの階段を下りて、

扉を開けると

メロメロポッチです。
メロメロポッチは、私にとって語りの原点のような大切な場所です。

「雪女」を語る・・・

<画像をクリック!>

カテゴリー: ライブハウス, 語り, 音楽 | コメントする

語りでめぐる橋~その5・加賀にて

語りでめぐる橋~その五・加賀にて
            ひとまずの旅の終わり・・・・

語りでめぐる橋・その五は、11月5日、
加賀の茶房実生丸八製茶場)が会場でした。

早々と満席になり、予約を終了したとのことでした。
そのあと申し込みいただいた方々、申し訳ありませんでした。

丸八製茶場が発行した冊子「動橋」に連載されたあねざきしょうこさん作の「川を歩く」は、
石川県の川にかかる12の橋について書かれたエッセイです。

その12の橋を語りでめぐる旅は、ちょうど2年前の11月に
加賀の丸八製茶場さんの茶房・実生さんで始まりました。

そして、ひとまずの旅の終わりは、また、実生さんに戻ってきました。

この日のために、実生さんが用意して下さった特別のメニューは、
お茶・マリコロード
お菓子・ハレルヤタルト、カカオココナッツ、自家製干葡萄ショコラがけ

この日は、ちょうど、我谷盆展が開催中。
この宵、始めに語りで渡った橋は、「我谷吊橋」、そして「香林坊橋」「金川橋梁」
最後は、ここ、「動橋大橋」に戻りました。

店長の沖田さんの挨拶のあと、我谷盆の作者・森田さんの紹介。

書き手のあねざき しょうこさんの「川を歩く」のエッセイについてお話

そして、フルートの米口 麻里さんと一緒に4つの橋を語りました。

特に、動橋大橋、我谷吊橋は、加賀の方たちにとって身近な橋。
うんうんと頷きながら聴いて下さいました。

また、語りの旅に出たくなるだろうな・・・

<画像をクリック!>

カテゴリー: 語り, 語りでめぐる橋, 音楽 | コメントする

語り・くらぶ~第2回「語りのひととき」

語り・くらぶ」は一ヵ月に1回、物語や詩などを声に出して読んでみましょうというワークショップです。

11月3日は、その「語り・くらぶ」の<第2回・語りのひととき>でした。

谷川俊太郎、中原中也の詩、
長田弘の散文詩、
そして古典の数々を
7人で紡ぎました。

リハーサル、会場作り、本番、片付け・・・
みんなでひとつの世界を創るって楽しい!

会場は、毎月、「語り・くらぶ」をしているL.F.Iスタジオ(金沢市上荒屋1丁目242-1)
です。

<画像をクリック!>

カテゴリー: スタジオ, 語り・くらぶ | コメントする

「語りとチェロの織りなす情景 in 寺井」~ほっこりカフェひろた

ほっこりカフェひろた・ライブ
「語りとチェロの織りなす情景」 in 寺井~“夢十夜”
10月14日に終わりました。
ありがとうございました。

プログラムは、
「吉野弘の詩」
「蜘蛛の糸」
「夢十夜」
 チェロ演奏

ほっこりカフェさんで語るのははじめてでしたが、打ち合わせに行ったり、
コーヒーを飲んだり、いろいろ連絡のやりとりがあったり・・・
当日までにすっかりこの空間に打ちとけることができました。

ちょうど布で作った花や作品、それに草花で染めたストールなどの展示の会期中。
会場は華やかな雰囲気でした。

H子さんからは素敵な花束をいただきました。

チェロは林口 眞也さん。

**********************

語りとチェロの織りなす情景」 in 寺井
       “夢十夜”
        ~ほっこりカフェひろたイベントVOL.5

語り;本田和
チェロ;林口 眞也

日時;10月14日(土)18:00~19:00
(開場;17:00)
会場;アート&ミュージックの発信カフェ・ほっこりカフェひろた
        能美市小長野町ト45-1、㈱ひろた美術寺井店2階 

北國新聞より

カテゴリー: 語り, 語り~夢十夜, 音楽 | コメントする

「荒れ野」~本田和・語りのひととき in L.F.Iスタジオ

8月30日(水)19:00からは、
本田和・語りのひととき in L.F.I スタジオ」でした。

「荒れ野」 (藤沢 周平・作)でした。
大好きな藤沢周平さんの作品です。

道に迷った僧侶の前に忽然と現れた女。
  荒涼な野原の中で僧侶が体験したものとは・・・

何回も語っているこの「荒れ野」
何回語っても、そのたびに新しい気持ちになります。

ひとつひとつの言葉が大切に書かれているので、大切に語りました。
好きだな・・・・この「荒れ野」
これからもずっと語って行きたいと思っています。

<画像をクリック!>

カテゴリー: スタジオ, 本田和・語りのひととき, 語り | コメントする

「語りとギターの織りなす情景」in長町・海月が雲になる日

<語りとギターの織りなす情景 in 長町・海月が雲になる日>
               ~「絵本の春」泉鏡花・作

は、10月1日に終わりました。

たくさんの方々に聴いていただきました。
ありがとうございました。

会場のタイ料理のお店「海月が雲になる日」
                      facebook
は明治末期に建てられた金沢町家。

1階の部屋の前は広い庭が広がっています。

P1001135

階段を上がり、2階の部屋の壁は淡い柔らかな青。
その一つ部屋の床の間に、泉鏡花の物語を描いた木村環さんの作品が飾ってあります。
別の部屋にも、泉鏡花の物語を描いた木村環さんの作品が。

リハーサルが終わって・・・
私の語り椅子が本番を待っています。

クラシックギターの谷内 直樹さんの奏でるクラシックギターの演奏と
泉鏡花を描いた絵画と一緒に語るのは
この上もなく幸せなひとときでした。

また、この空間で語りをするのを楽しみにしています。

ライブが終わったあとは、庭の虫の音を聴きながら、
1階でBarタイムを楽しみました。


<画像をクリック!>

カテゴリー: , 語り, 金沢・長町「海月が雲になる日」ライブ, 音楽 | コメントする

「語りとギターの織りなす情景」 in 長町・海月が雲になる日

<2017年10月2日付 北陸中日新聞 より>


「語りとギターの織りなす情景 in 長町」~海月が雲になる日
 にて

朗読とクラシックギターによる公演「語りとギターの織りなす情景」が一日夜、金沢市長町の料理店「海月が雲になる日。」であり、同市の本田和さんが金沢三文豪の一人泉鏡花の作品「絵本の春」を読み上げた。
 本田さんは音楽と語りを融合した公演をしている。この日は谷内直樹さんのクラシックギターの演奏に合わせた。
 本田さんは声の調子だけでなく、表情も変えながらさまざまな登場人物を演じた。谷内さんのギターが作品の不気味な雰囲気を際立たせた。
 会場は明治末期に建てられた町家二階の群青の間。鏡花の作品をイメージしたという画家木村環(たまき)さんの絵画が飾られている。
 公演は店側の依頼に応じて催し、十四人(註・28人)が来場した。 (山内晴信)

<画像をクリック!>

カテゴリー: , 語り, 金沢・長町「海月が雲になる日」ライブ, 音楽 | コメントする

語りとギターの織りなす情景 in 長町~「海月が雲になる日」にて

満席になりました。
ありがとうございました。

秋の宵、聴いて下さる方々に楽しんでいただけるひとときにします。

<語りとギターの織りなす情景 in 長町>
            ~「絵本の春」泉鏡花・作

         語り;本田 和
   クラシックギター;谷内 直樹

日時;10月1日(日)18:00~19:00
会場;「海月が雲になる日」
                      facebook(2階・群青の間)
(金沢市長町2-6-5)
お申し込み&お問い合わせ;タイ料理;海月が雲になる日076-231-4756

<画像をクリック!>

カテゴリー: 語り, 金沢・長町「海月が雲になる日」ライブ, 音楽 | コメントする

「語りとチェロの織りなす情景」in寺井

能美市での語り、今年の会場は、寺井の“ほっこりカフェひろた”です。
ひろた美術寺井店の二階、ギャラリーでもあり、コンサートもできるスペース、
語りとチェロのひととき、“ほっこりカフェ”でほっこりお過ごしください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
語りとチェロの織りなす情景」 in 寺井
  “夢十夜”
      ~ほっこりカフェひろたイベントVOL.5

「夢十夜より第一夜」夏目漱石・作
「蜘蛛の糸」芥川龍之介・作
吉野弘・詩「夕焼け」ほか
チェロ演奏

     語り;本田和
        チェロ;林口 眞也

日時;10月14日(土)18:00~19:00
(開場;17:00)
会場;アート&ミュージックの発信カフェほっこりカフェひろた
         能美市小長野町ト45-1、㈱ひろた美術寺井店2階 
チケット;1500円(ドリンク&焼き菓子付き)
*ドリンク&焼き菓子のチケットは当日でも後日でもご利用できます
お問い合わせ&お申し込み;
           0761-57-3210  ひろた美術
           090-2373-5458 きくはなすの会

<画像をクリック!>

カテゴリー: おたより | コメントする

「海月が雲になる日」

「海月が雲になる日」
                      facebook
・・・タイ料理のレストランの名前なんです。

10月1日の語りのための打ち合わせに、レストランが一段落した21時過ぎに出かけました。

ここは、築100年の町家。

大きな門をくぐり、
灯りに導かれて玄関に続く小路を通って・・・

町家に入り、狭い階段を上り、二階へ。
会場となる二階のお座敷の床の間には、木村環さんの作品が飾ってあります。
もう、あっちの世界に連れていかれそう。

柔らかい群青の壁。
別世界です。

二階から見る庭、幻想的です。

10月1日夜は、ここで、泉鏡花の語りをします。

<画像をクリック!>

カテゴリー: アート, 語り, 金沢・長町「海月が雲になる日」ライブ, 音楽 | コメントする