ショパン・祖国への想い

レストラン“ビータ・ローザ”での語り&ピアノ5月9日、 “語りとピアノで綴る<ショパン・祖国への想い>” 終了しました。グランドピアノのあるレストラン、ビータローザで。もうこれ以上椅子が入らない程の方々が来て下さいました。

ビータローザにて
窓から覗き込むようなみずみずしい樹々に囲まれて、ポーランドからウイーン・シュトゥットガルト・パリ・・・ショパンの39年の生涯を辿りました。言葉とピアノとのコラボレーション。ピアノ演奏は大阪在住の篠原美樹子さん。 (写真をクリック!)

カテゴリー: , 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です