今日は大寒

今日は、二十四節気のひとつの大寒。一年で一番寒い日・・・のはずなのに、
なんだか春先のような暖かさ、空気の臭い。春独特のほこりっぽさを感じる。

昨冬の金沢は、凄まじい豪雪で、吹雪のような日が続いた。
天気予報で「雪だるまマーク」が続いているのを見ると、ぞっとした。
雪と格闘していた気がする。
道を歩いていて、雪が積もって見えなかった側溝に片足が落っこちたっけ。
足が届かないくらい深かったので、道に残って踏ん張ったほうの足を捻挫してしまった。

でも雪が降ったときのあの静けさ、ひやっとして張り詰めた空気、一面真っ白な世界は、
一年のうちのこの時期、冬だけの楽しみなのだ。
夜中にしんしんと降り続き、朝起きたら、まるで世界が変わっている、真っ白に。
一瞬、息が止まりそうになる。
どこか違う世界に迷い込んだような気がする。

それがこの冬は、ぽかぽか。

“大寒”は、一年で一番寒い日・・・ということは、これ以上寒い日はこない。
これから、少しずつ、少しずつ、暖かくなっていく、後戻りをすることがあっても。

“少しずつ、暖かくなっていく”という感覚を感じさせてくれる冬はどこにいったんだろう。

*** *** *** *** *** ***   
本田和とキャッシー・スパニョーリによる日本語と英語の掛け合いの語りのCD  “ふたつの声の物語” CD<うぐいす姫>発売中

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** *** *** 

カテゴリー: 自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です