語りとギターの演奏会

図書館ホールにて3月24日(土曜日)は、「言葉とギターの音色で楽しむ午後~語りとギターの演奏会
能美市・辰口図書館ホール にて
(主催・能美市辰口図書館

“言葉と指先によって 奏でられる芸術” 

これは図書館が作ってくださった素敵なキャッチコピー

「智恵子抄」「雪女」  ほか・・を語った。
そのほかギターのソロも。
クラシックギターは、谷内 直樹 さん

辰口図書館ホールにてなだらかな丘陵が続く辰口
図書館は手取川に近い方にある。
そして図書館の2階にはいいホールが。

またまた雨模様。
私が語る日って雨が多いな・・・
雨の日って、空気全体がしっとりとしていて、
気持ちまで潤ってくる。
柔らかい春の雨に包まれているって感じ。

落ち着いた雰囲気のホールで、
しっとりとした言葉と音の“響”演になった。
<画像をクリック!>

*** *** *** *** *** ***   
うぐいす姫CDジャケット本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD
 
 “ふたつの声の物語” 
CD<うぐいす姫>
発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** *** *** 

 

カテゴリー: 図書館, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です