メロメロポッチ・ライブ

メロメロポッチの入り口メロメロポッチ・ライブ “弦奏の夜” <語りとクラシックギターの夜> は、昨夜で第11回を迎えた。
2006年2月に第1回のライブをスタート、隔月<偶数月>の第4木曜日の夜が、定期ライブ。(奇数月は、<クラシックギターの夜>)

昨夜は、いつものクラシックギター・谷内 直樹さんと、
そして、ゲストにフルート・ 上野 賢治  さんをお迎えして
語りとクラシックギターとフルート>のコラボレーション“響きあい”のライブだった。

「耳なし芳一」「つつじの乙女」「草野心平の詩」

語りとクラシックギターの夜・第11夜ライブハウス・メロメロポッチ は、武蔵が辻・近江町市場の建物の地下にある。
いま、このあたりは、無残な状態。
近江町市場は、一部ビル化されるとのことで、このメロメロポッチが入っている建物は、その駐車場に入るための道路になる計画なのだそうだ。

いまは、壊された建物の残骸の横に、このメロメロポッチが存在している。
<画像をクリック!>

カテゴリー: ライブハウス, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です