“カラクリン”

先日、大阪・堺で、不思議な世界に遊んだ。

それは、造型作家・井村 隆さんの作品 “カラクリン”が創った世界。
モーター、歯車や銅やアルミニウムなどいろいろな金属を使ってできた魚や昆虫や鳥が、静かに、泳いだり、歩いたり、飛んだりしている。

大阪で画廊をしているFちゃんに誘ってもらって、観に行った。
堺の市役所のエントランスホールに、白い布で囲ってカラクリンのための特別の空間が造られていた。
そのなかを、不思議な魚や鳥や虫たちが、ゆっくりゆっくりと、動いている。
そんな、静かな静かな空間に入り込んだ。
そこだけ違う時間が流れているみたいだった。

ライトに照らされて、白い布に、魚や鳥や虫たちが照らし出されると、とたんに、にぎやかになった。虫たちがおしゃべりしているような・・・鳥の羽ばたく音が聴こえるような・・・・。

もう一度、行きたいな・・・カラクリン

不思議な世界。

カテゴリー: アート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です