宗左近・炎える母

昨夜は、「宗左近・炎える母」のリハーサル。
語りと音楽と動画の合わせの確認をしました。

昭和20年東京大空襲の炎のなか、
繋いでいた母の手がはなれ、
転んでしまった母を置き去りにして生き延びた・・・・
宗左近さんは、その罪の意識を持ち続け、
それから二十年後、火の海の中で別れ別れになった母と自分のことを詩に綴って行きます。
それが宗左近・詩「炎(も)える母」です。

  本田和の語りによる
     「宗左近・炎える母」

日時;3月11日(土)14:00~15:00
語り;本田 和
プロデュース;ガレリア画廊
音響&音楽コーディネート;新谷 美樹夫 
イラストレーション;芝崎 曜子
チラシ制作、デザイン;斉藤 慶
会場;STUDIO L.F.I
      金沢市上荒屋1丁目242-1  (076-249-8911)
入場料;1000円
主催;ガレリア画廊
お問い合わせは、076-273-0403 ガレリア画廊 
STUDIO L.F.I
     金沢市上荒屋1丁目242-1(℡076-249-8911)
入場料;1000円
主催&お問い合わせ;ガレリア画廊
   ℡076-273-0403

*駐車場あります。
 受付でお尋ねください

カテゴリー: アート, スタジオ, 宗左近~炎える母, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です