中原中也・汚れつちまつた悲しみに・・・

語り&チェロによる「中原中也・汚れつちまつた悲しみに・・・」、
5月11日(金)金沢公演、そして6月17日(日)神戸・六甲公演のチラシは、
中原中也が18歳ころの写真です。
山口市湯田温泉にある「中原中也記念館」のご厚意で使わせていただきました。
私たちをとらえる不思議な力を持った眼差しで、中也は見つめています。

中原中也は、大正のはじめ、金沢に住んでいたのです。

4月13日は、
プロデュースの森田 正明さん、デザインの斉藤 慶さん、
音響の新谷 美樹夫さん、照明の宮向 隆 さん、
そして私の5人で、打ち合わせ。

紅茶&お菓子をつまみながら・・・
まずは、5月11日(金)金沢公演、そして6月17日(日)神戸・六甲公演に向けて。
ノスタルジックでありメランコリックなステージになります。

18日は大阪にいました。
チェロ林口 眞也さんと
5月6月の「中原中也・汚れつちまつた悲しみに・・・」の合わせ練習のため。

まず、コーヒー&サンドイッチでお昼をしながら打ち合わせ。
昔ながらの喫茶店の雰囲気たっぷりのTORAIで。壁に中原中也のチラシを貼ってくださいました。

場所を移して、みっちり練習。
密度の濃い時間でした。
終わって、夕ぐれの淀川を神戸方面に向かって渡りました。
水は穏やかで滑らかだった。

 *****************************
「中原中也・汚れつちまつた悲しみに・・・」
                   ~本田和の語り

30年の短い人生を、足早に駆けぬけた詩人・中原中也、
彼が残したのは、たった2冊の詩集です。
中原中也の心の乱反射を映したような詩を語り、感受性あふれるその結晶を見つめます。
 
           語り;本田 和  
          チェロ;林口 眞也

       プロデュース;森田 正明  
         デザイン;斉藤 慶 
           音響;L.F.I新谷 美樹夫
           照明;宮向 隆

<金沢公演>
日時;5月11日(金)19:00~ (開場;18:30)
会場;金沢市民芸術村ドラマ工房PIT2 (金沢市大和町1-1)
入場料;2000円 (当日;2500円)
お申込み&お問い合わせ;
       きくはなすの会 090-2373-5458
              monokatari10060408@docomo.ne.jp
チケット取扱い;金沢市民芸術村、石川県立音楽堂チケットボックス、
        大和プレイガイド、ほか、お問い合わせください

<神戸・六甲公演>
日時;2018年6月17日(日)14:00~(開場;13:30)
会場;音楽ホール&ギャラリー 里夢 SATOM
         (神戸市灘区曽和町1の4の2、地下1階)
            阪急六甲駅下車②番出口徒歩5分、JR六甲道下車徒歩12分
入場料;2000円 (当日;2500円)
お申込み&お問い合わせ;
       きくはなすの会 090-2373-5458
       宮崎 陽子  090-7768-0439

*上記の問い合わせ先にご連絡いただければ、前売りチケットを受付にお取り置きいたします。

<画像をクリック!>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリー: 公演~中原中也・汚れつちまつた悲しみに・・・, 本田和の語り, 神戸・六甲ライブ, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です