はったい粉・Love

「麦かん」という名前の金沢のお菓子をいただきました。

・・・・・子どもの頃、夏になると、大きな箱を背負った人が来ました。
「はったい粉」を売りに来たのです。母が「はったい粉」に砂糖を入れて、お湯を入れ、練って食べさせてくれました。
小さい頃の思い出です。
私にとって、夏の味です。

その話をしたら、友人が、金沢の「麦かん」というお菓子を買ってきてくれました。
「はったい粉」のお菓子とのことで。

練っただけで食べた「はったい粉」とは違う上品な味です。
口の中でとろけるような麦かん、
昔、はったい粉を練ってくれた母の手を思い出しました。

カテゴリー: おたより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です