「荒れ野」~語りとチェロの織りなす情景 in 寺井

語りとチェロで織りなす「荒れ野」(藤沢 周平・作)の合わせ練習に大阪に行きました。

大阪駅から地下鉄に乗り、会場近くの岸里にあるいつもの喫茶店に直行!
オープンして44年という喫茶KADO・角で、コーヒー&サンドイッチ&おしゃべり。

この西成あたりの歴史、このあたりにある古い建物のこと・・・
お腹を抱えて笑いながら聴きました。

そのあとは、チェロの林口眞也さんとみっちり合わせ練習。

2日間いた大阪&大阪周辺は夏の青空でした。
ところが金沢に帰ってみると、強い雨、雷。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<語りとチェロの織りなす情景 in 寺井>
「荒れ野」(藤沢 周平・作)

日暮れ、山を越えていた若い僧侶は道に迷う。
そこに忽然と現れた女に誘われ、女の家に泊まる。
荒れ野で僧侶が体験したものは・・・・
背筋が凍るような無気味で怖ろしい世界が広がりますが、
最後に藤沢周平さんの持つ清冽さが心に残ります。

語り;本田和
チェロ;林口 眞也

9月29日(土)18:00~19:00(開場;17:30)
会場;アート&ミュージックの発信カフェ・ほっこりカフェひろた
           能美市小長野町ト45-1、㈱ひろた美術寺井店2階 
チケット;1500円(ドリンク&焼き菓子付き)
お問い合わせ&お申し込み;0761-57-3210  ひろた美術
            090-2373-5458 きくはなすの会

<画像をクリック!>

カテゴリー: 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です