歩み 2018

<2月23日(金)24日(土)19:00~>龍宮夜会~雪女金沢を流れる浅野川のほとり、東山にある町屋塾で語りと舞と光と映像と音による「龍宮夜会~雪女」でした。

夢十夜より第一夜」(夏目漱石・作)
雪女

舞;宇都宮千佳、音;新谷美樹夫、光;竹原均、映像;山田のぶ

今年も、町屋塾で宇都宮千佳さんの舞とご一緒しました。

「夢十夜」の語りは山田のぶさんのほとんど動かない静かな映像と一緒でした。のぶさんの映像が消えると、そこに雪が降り始め、新谷美樹夫さんが作って下さった音が流れ始めました。
雪のなかで千佳さんが舞い・・・・竹原均さんの灯りが幻想的に。
「雪女」を語り始めました。

そして、雪女が消えて・・・小鳥のさえずりが聴こえ・・・・春がやってきました。

また、千佳さんの舞とご一緒するのがとても楽しみ。

そして、二階の茶室では、お薄。雪を思わせる器の白とお茶の緑は、いまでも目に浮かびます。

そのうえ、スミスミ・ご膳。まず、眼を楽しませてもらって、そして美味しい味を楽しんで。
スミスミごはんを作って下さったスミスミさんの説明を貼り付けます。

「雪女から、春を待つイメージで作りました。
節句のひな祭りの菱餅のように、芽吹きと雪と花を表現したお寿司は、それぞれ、セルバチコ、大根、ビーツを入れました。大根の入ったお寿司には、菜の花をあしらいました。
あとは、金沢の生麩と、きのこ、春菊を、なごり雪のような粕煮にしました。
雪の中で雪解けを待つように、ひじき、青菜、クコの実を、湯葉とお豆腐で白和えに。
芽吹きをイメージして葱を斜めにカットし、バルサミコでソテーし、白味噌を添えました。
あとは、その場で召し上がられた方には、葛でとろみをつけたかぶのみぞれ汁をお出ししました。」

<3月21日(水・祝)14:00~>長年の友人であり仲間、のりちゃんがオーナーの「お家カフェ・こはな」(金沢市尾張町1-9-7)のこけら落としライブで
“語りとギター”のひとときでした。
クラシックギターの谷内直樹さんと一緒。

昭和の香りのする(と勝手に思っている)大正時代の建物です。
のりちゃん、あきちゃんのリクエストで、「きつねの窓」を語りました。
子どもの頃のへの想いでいっぱいになる物語です、私にとって。

ライブの後は、優しいあったかいカフェですっかりくつろぎました。
「お家カフェ・こはな」は2階にあります。1階は駐車場になっています。
こはなさんの窓からは、歴史のある建物が見えます。

<3月25日(日)14:00~>“春の昼下がり語りとギターのひととき
白山市立美川図書館(白山市美川浜町ヨ103)と公民館の共同事業とのことでした。
テーマは、遠く白山を眺めて山の物語、手取川沿いの日本海近く海の物語。
「つつじの乙女」
「耳なし芳一」
クラシックギター演奏

クラシックギター は
谷内直樹 
 さん 

晴れた春の午後、とても気持ちよかった!

<5月11日(金)19:00~20:10>「中原中也・汚れつちまつた悲しみに・・・」金沢公演

会場は金沢市民芸術村ドラマ工房。
ドラマ工房の入り口は、もう、中也の世界です。

ドラマ工房は天井が高く、よく響きます。音響はいつものLFIの新谷美樹夫さん。
コンサートホールで語り、チェロの演奏しているようでした。、

そして照明は、いつもの宮向隆さん。中也の時代に連れて行ってくれる明かりでした。

いまにも空中ブランコが揺れている小屋の天井が見えるような「サーカス」の明かり。

画像を見ながら、中也の足早に駆けぬけた30年の人生、心の乱反射を映したような中也の詩を思い起こしています。

      語り;本田 和  
     チェロ;林口 眞也

  プロデュース;森田 正明   
    デザイン;斉藤 慶     
      音響;L.F.I新谷 美樹夫
      照明;宮向 隆


会場;金沢市民芸術村ドラマ工房PIT2
 (金沢市大和町1-1)

<画像をクリック!>

<6月10日(日)13:30~>“光と影の恵子の一座”~風のおきみやげ

K子さんは会場で花に囲まれて微笑んでいました。

19年前、K子さんがご自宅で療養してらっしゃるときに、ギターの谷内さんと出かけて行ってK子さんが好きだと言ってくださっていた「プラテーロとわたし」を聴いていただきました。
あれから19年!

毎年、K子さんのお仲間の人たちが作り上げているひととき「風のおきみやげ~光と影の恵子の一座」に今年も参加しました。
今年はクラシックギターの谷内直樹さんと一緒に「詩人・吉野弘の言葉」というテーマで語りました。
そのなかの一つの詩には尺八の盛本芳久さんが加わってくださいました。

泰山木の花が好きだったk子さん、しっとりとした緑が爽やかな一日でした。

<画像をクリック>