歩み 2019

【2019年】
<2月16日(土)13:00~13:30>白山麓にあるガレリア画廊(石川県白山市河内町江津イー1)の2月の企画は『雪とお茶とラグと 美しい本』―西村書店の仕事 の期間中の2月16日(土)は「語りのひととき」。
西村書店の本「ルイーズ・ブルジョワ 糸とクモの彫刻家」を読みました。

ガレリア画廊の村上 弥生さんからこの企画のお話。

この時期には珍しく雪はありませんでしたが、カフェのお茶を楽しみながら、色とりどりのラグに囲まれて、その空間に溶け込んでいる絵の前で・・・まるで、ラグのお花畑で語っているようでした。

ラグに座って聴いて下さったかたもありました。気持ちよさそう!

私も語りの椅子の上にラグを置きました。柔らかくて、しっかりしていて、長い時間座っていても疲れないだろうな。

大きなクモの彫刻で知られているルイーズ・ブルジョアの作品は、六本木ヒルズにあります。鉄と木材、大理石などで作られているということです。実際に観に行きたいな。

カフェのテラスには野鳥のエサ台。ヤマガラが3,4匹、お食事に(!?)来ていました。キャンドルがゆらゆら揺れていました。

<3月16日(土)14:00~>金沢・尾張町にある「お家カフェ・こはな」さんはオープンして1周年を迎えました。今日の午後は、その記念の“語りとクラシックギター”のひとときでした。

“こはな”さんの大切な日・・・やはり、花にちなんだ「アネモネ」(辻邦生・作)を語りました、クラシックギターとともに。
クラシックギターは谷内直樹さん。

アネモネの花が窓辺に、

そしてカウンターに。

雨になったり、太陽が出たりの忙しい天気、こはなカフェさんのなかは春のようでした。

<3月24日(日)14:00~>「語りとチェロのひととき」~in 白山市美川図書館美川公民館
プログラム;、
「蜘蛛の糸」(芥川龍之介・作)
「セロ弾きのゴーシュ」(宮澤賢治・作)

チェロ;林口 眞也 さん。

このプログラムを林口さんと始めて、10年以上になります。何度も何度も語り&演奏しましたが、いつも新しい気持ちになります。
今日は、朝起きたら、うっすらと雪。肌寒くお天気はどうなるのだろう・・・と心配していましたが、お昼近くには、青空に太陽になりました。

たくさんの方が聴きに来てくださいました。熱気が膨れ上がっているようでした。
帰り道、車で走っていると、白山の山々が連なっているのが見えました。
白い雪を冠って、太陽にまぶしく輝いて、神々しい白い山々でした。



<画像をクリック!>