爽やかな季節になりました

シアトルのビルアブロード劇場にて・・・暖かいというよりは、日向では汗ばむくらいです。田んぼに水が入り、田植えも始まりました。緑色に染められた田んぼに、季節の移ろいを感じます。夜は蛙の大合唱。

“娘が出かけてしまうと、若者は、蔵を順番に開けていきました。そして蔵の中に、正月・節分・桃の節句・花見・端午の節句・田植え・・・・を見ていきます” 民話「みるなの蔵」の中にも語られているように、田植えは、日本の風景のひとつなのでしょうね。田んぼに囲まれて子ども時代を送った私にとっては、胸の奥がじわっとするような懐かしい風景です。

写真はシアトル・ビルアリボードシアターのステージで、「みるなの蔵」を開ける和&キャッシー(写真をクリック)

 

カテゴリー: 自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です