ブルーメンクライス・コンサート

23日、京都で開かれた ブルーメンクライス・コンサート にゲスト出演した。京都にお住まいのチェンバロ奏者・ピアニストの有賀のゆり先生ゆかりの方々のコンサートだ。
出演は、それぞれの分野で演奏活動をしていらっしゃる方々。

よく響く呉竹文化センターのホールでピアノの篠原美樹子さんと。 有賀のゆり先生は、篠原美樹子さんの先生にあたる方。チェンバロ、ビオラ・ダ・ガンバ、 ピアノの演奏が続いたあと、“語り&ピアノ”で、「紫陽花&モンポウ」の世界を表現した。

言葉も音、音楽も音、語りも音楽、音楽も語り・・・と身体で感じたひとときだった。

カテゴリー: 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です