車のキー破壊

車のキーが破壊した。

中古車を買って、大事に乗っているビッツ。
はじめ、乗ったときは、リモコンでロックができたり、解除できたりする車は初めてだったので、
“わー、便利!”と感動?!した。
(このごろの車は、キーなしでエンジンがかかるらしいけど)

雨の日や荷物を持っているときは楽。
広い駐車場にとめて、どこに置いたかわからなくなってしまったときなんかも、
すぐ位置がわかるから便利。

だんだん、そのありがたさが薄れてきたこのごろだったけど・・・
今日、エンジンをかけようとキーを差し込んだとたん、
なんと!
キーが破壊!

キーの金属部分はなんともないけど、
プラスチックで出来たリモコンの部分が、
割れて一部飛んで行ってしまった。

残ったキーではエンジンがかからない。
こうなると、不便なもんだな・・・

なんとか拾い集めて、
強力接着剤でくっ付けて、いま、休ませている。

雨の中、荷物を持ったまま、
スペア・キーを鍵穴に入れて車のドアを開ける不便さ。

車のキーの破壊で思い出したこと・・・
5.6年前かな、
アメリカ・シアトルのストーリーテラーのキャッシー・スパニョーリと一緒に
シアトル各地で語りをしたことがあった。
10日間、シアトル郊外のキャッシーの家に泊まった。

キャッシーのパートナーのシーバムさんは、彫刻家。
ときどき、身の回りの材料を利用して、
子ども達におもちゃをくるワークショップをしている。
ある日、シーバムさんのワークショップのお手伝いをした。
ワークショップが終了、車に荷物を積み、
さあ、帰ろうと、シーバムさんが車のエンジンをかけようとキーを差し込んだとたん、
キーの金属部分がポキッ!
なんと、壊れてしまった。

シーバムさんの手には、
半分になってしまったただの金属の棒があるだけ。
破片が穴の中に入ってどうしてもとり出せない。
結局、その日は、車を置いて帰った。

そんな信じられないようなことが起こることがある。
自分にも似たようなことが起こるなんて・・・

カテゴリー: おたより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です