本たちに囲まれて<プラテーロとわたし>

店内の雰囲気が幻想的に・・・20日夜は、ブックショップ・リードREAD  さんでの <朗読とクラシック・ギターによる“プラテーロとわたし”> だった。 
クラシックギターは谷内 直樹さん

長い間秋晴れが続いていたのに・・・この宵に限って雨、それも雷付き。そんな大雨の中を沢山の方々が来て下った。

吉本店長ブックショップ・リードさんの店内を知っている人たちは、「どこにステージ部分や客席を作るの?!」「あのなかに50席も用意できるの?!」
「雰囲気のある空間を創ることが出来るの?!」
などなど、随分心配してくださっていたらしい。

幻想的な店内に変わる・・・でも、なんとなんと・・・・吉本店長の挨拶が終わると、店内の灯りが消えて、この写真のような幻想的な空間が生まれたのだ!!沢山の方々の力で!! 
(吉本さんが立っているところと語り&演奏しているところはほぼ同じ)
 
本格的照明を持ってきてくださった吉本店長の親戚の方、音響を貸してくださった吉本奥さま、ライブステージを作ってくださったリードさんのスタッフの方々、受付のMさん、照明・音響の調整をしてくれたのはこの夜、兵庫県西宮から来てくれたNちゃん・・・

ステージのバックは、花嫁のれん。アンダルシア地方のイメージのエメラルド・グリーン。

お店の前はバスが通る幹線道路。車の交通量も多い。店が多いので人も沢山通る。
でもリードさんの店内は完全に別世界。現実とは切り離された別の世界が生まれた。

ステージ横にはこんな素敵な・・・このひととき、ブックショップ・リードREADさんの空間に、スペイン・アンダルシアの田舎町・モゲールの山野が広がり、ヒメネスの大切なロバ、プラテーロが駆け回った。
<画像をクリック>

  *** *** *** *** *** *** *** 
本田和とキャッシー・スパニョーリによる日本語と英語の掛け合いの語りのCD  “ふたつの声の物語” CD<うぐいす姫>発売中

日本語を母国語とする人も、英語を母国語とする人も、物語を楽しめます。
また英語を学んでいる人にも、日本語を学んでいる外国の人にも、お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

カテゴリー: プラテーロとわたし, , 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です