“創る”ということ

このHPでも何度も書いたが、今年9月に語りの CD<うぐいす姫> を出した。

CDジャケット 
私とアメリカ・シアトル在住のストーリーテラー(語り手)の キャッシー・スパニョーリ Cathy Spagnoli さんとの日本語・英語の掛け合いの語りのCD<うぐいす姫>、名づけてバイリンガル・ストーリーテリング<二つの声の物語>

日本語でも英語でも楽しめる語りのCDを創ろうとキャッシーから提案されたのは、約2年前。

それまでに私たちは、日本語と英語の掛け合いの語りのプログラムを幾つか持っていた。それを持って、2002年11月のシンガポール、2003年7月、2004年5月のアメリカ・シアトルで語った。
もちろん、日本でも。

提案から1年後、つまり2005年の11月にキャッシーが金沢に来た折り、LFIのスタジオで録音。その後、CDのジャケットのデザイン、中に入れるノートのデザイン、構成・・・・プレス、印刷、包装・・・
その間、アメリカのキャッシーとやりとり・・・

じっくり10ヶ月かかって、出来上がったCD<うぐいす姫>
このCDが出来上がるまでに、たくさんのプロフェッショナルな“創る”場を見せてもらった。

録音、マスター制作のLFIの新谷美樹夫さん やデザインの斉藤慶デザイン研究室斉藤慶さん やスタッフの皆さんと打ち合わせなどでお会いするたび、“ものを創る”ことに対しての、細やかな、鋭い、そしてじっくりと丁寧に取り組むプロフェッショナルな眼差し・姿勢を感じた。

ひとつのものを“創る” ってこんなことなんだと、その方たちから教えていただいた、CD<うぐいす姫>を通して・・・

  *** *** *** *** *** ***   

本田和とキャッシー・スパニョーリによる日本語と英語の掛け合いの語りのCD  “ふたつの声の物語” CD<うぐいす姫>発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、英語を母国語とする人も、物語を楽しめます。
また英語を学んでいる人にも、日本語を学んでいる外国の人にも、お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** *** *** 

カテゴリー: CD, 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です