仏御前ものがたり in 白山麓・木滑

12月11日、白山麓吉野谷・木滑(きなめり)で、「仏御前ものがたり」を語った。

里山保全再生ネットワークのなかで、木滑に入ってそこに住んでいる人たちと一緒に、里山を生かした活動をしている方たちの主催。

その木滑で活動している人たち・“里山保全プロジェクト・木滑物語

の「山笑い~木滑な時間」というブログは、活動している人たちと同じように、生き生きとしている。

ずっと前から<里山>に魅かれていた。
・・・というのは、語っている物語や民話、詩などに、“里~里山~奥山”に深く関わっているものがたくさんあるから。

例えば、民話「雪女」「みるなの蔵」、宮澤賢治の「祭の晩」・・・・などなど

人が住む「里」と、山男、やまんば、雪女などが住む「奥山」の通り道にある「里山」
奥山に住む山男は、祭りを見たくて、里山を通って里に出てくるのだろうな。

その里山で活動している人たちからのお誘い。
ものつくり ものかたり」というイベントに声を掛けていただいた。

ちょうど白山麓・木滑の里は、平安時代末期の白拍子・仏御前ゆかりの地。
清盛の館から逃げ出したのち、
祗王たちと一緒に住んだ祗王寺をも後にした仏御前が、
故郷加賀の国原村(現在の小松市)に戻る途中、
子どもを産んだのがこの木滑の里。

出産のとき、仏御前がつかまったという「仏御前安産石」が、木滑神社に残っている。
語りの前に、仏御前を語らせてもらう報告と、
どうぞ語りひとときをお守りくださいとお願いにお参りした。

このように仏御前ゆかりの地で、仏御前のものがたりを語るなんて・・・・語り冥利につきる。
自然とテンションは上がってくる。

当日の2,3日前は、雪が降り、あたりは真っ白になったそうだ。
大雪になったらどうしようか・・・と心配だったけど・・・
11日は雨降り。雪はなし。

800年前、この木滑に仏御前が立っていたんだって思うと、
時空を越えて繋がっているのを感じて、胸が熱くなった。

山笑い~木滑な時間」の12月11日のブログをどうぞ!
<画像をクリック!>

カテゴリー: 自然, 語り パーマリンク

2 Responses to 仏御前ものがたり in 白山麓・木滑

  1. Kinameri zen のコメント:

    木滑にての仏御前語りありがとうございました。
    今は生き物すべてが息をひそめて白一色の雪原です。
    不肖zenは大晦日の神社奉燈つ゛くりを楽しんでます。
    かつて田に使われた田枠・ころがしというものに古紙を貼ったものです。
    暁の雪明りとともに梁塵秘抄の声ごえが聴こえるとよいのですが。
    また遊びにきてくださいね。

  2. kaz のコメント:

    zen さん
    コメントをありがとうございます。

    私こそ、“木滑で仏御前”という最高の機会に語ることが出来まして、心から“ありがとう”をお届けします。
    あの日は雨だったのですが、いまは白一色なんですね!!
    雪の中に棲んでいるいろんなものが、zenさんが書いてらしゃるように“息をひそめて”いるんですね。

    神社奉燈つ゛くりの様子は、きっとブログ「山笑い~木滑な時間」に載るでしょうね。楽しみにしています。

    のどかななかでの梁塵秘抄もいいのでしょうが、
    暁の雪明りのなか、どこかから聴こえてくる梁塵秘抄・・・
    想像しただけで異次元の世界に立っているような気がします。

    お言葉に甘えて、また、木滑に遊びに行きますね。
    いろいろ、お話、聞かせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です