寺町・松月寺の大櫻

なかなか時間がとれず、やっと今日、金沢・寺町・松月寺の大櫻の下に行った。
4月始めに行ったときは、固い蕾だった。

花は付いてはいるが、風に花びらがひらひら舞っていた。
ヤマザクラなので、開花は遅いだろうと思ってはいたが・・・

この大櫻は、7日のまち博で語った泉鏡花の『櫻心中』のモデルになった櫻。

「非情のものです、草木です、木の幻です、枝の影です、
花というのは、恥ずかしい、朧をたよりの色に出て、
月に霞んだ櫻ですよ」 (泉鏡花・作、『櫻心中』より)

この大櫻が、兼六園旭櫻に恋をする。
そして、寺町台から、犀川をはさんだ向こうにある兼六園まで、逢いに行く。

ひらひらと散っている花びらを見ていると、
旭櫻を慕う大櫻の涙のような気がした。

*** *** *** *** *** ***   
うぐいす姫CDジャケット本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD
 
 “ふたつの声の物語” 
CD<うぐいす姫>
発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** *** *** 

カテゴリー: 自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です