虫・魚・・・・

自然に囲まれたところで子ども時代を過ごした。
レンゲ畑で転げまわったり、虫を採ったり、川で魚を獲ったりした。

夏、竹の先に針金で作った円い輪を取り付けて、その輪にくもの巣を上手に付けて、それで蝉を採ったりした。
これはとても難しい。コツがいるのだ。

そのせいか、いまでも、虫や魚が身近にいると、とても嬉しい。

アゲハチョウが柚子に卵を産みつけて、その卵が幼虫からさなぎになったのを大事に育てている。(育てるというより、そばに置いて見ているだけ・・・)
秋には沢山のアゲハチョウが生まれ、その上、10個のサナギが冬を越した。そして10日前から次々と蝶になった。
ひらひら飛んでいく蝶を見て、一人で感激している。

カマキリの卵も、毎日、チェック。

メダカとフナは、いま、6つの器で育てている。

そんな虫や魚を、毎日、飽かず眺めて、満足している・・・・

カテゴリー: 自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です