雪の中に凛と

『雪がふるふる雪見てをれば』
(山頭火)

雪のなかに、凛と、山茶花が。
ぽっと、紅色がなまめかしい。

“あなたへ~「恋文」”以来、
いままであまり気にかからなかった紅色が眼に入る。
<画像をクリック!>

カテゴリー: おたより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です