「プラテーロとわたし」in松任

リーフレットプラテーロは、6月は石川県 白山市松任学習センターライブシアター  を駆け回る(!?)

朗読とクラシックギターのためのプラテーロとわたし」”
ここ10年くらいずっとこの作品を語り続けている。
私にとって大事な作品のひとつだ。
この作品を語ることは私の喜びなのだ!! 
大げさではなく、しみじみそう思う・・・

スペインの詩人・ヒメネスが綴った散文詩に
テデスコが朗読とクラシックギターのために曲をつけたものだ。

ヒメネスは、プラテーロと名づけたロバと一緒に、
故郷スペイン・アンダルシア地方のモゲールという町で過ごす。
その日々を綴っていったのが、散文詩<プラテーロとわたし>

リハーサルの写真10年の間、数え切れないくらい、いろんなところで語った・・・・金沢で、小松で、能登で、神戸で
・・・・こんどは、白山市で語る。

クラシックギターは、谷内直樹さん

お問い合わせは、076-280-5766 ラ・ミュジック・クレ 
<リーフレットをクリック!>

(画像はリハーサル)
*** *** *** *** *** ***   
うぐいす姫CDジャケット本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD
 
 “ふたつの声の物語” 
CD<うぐいす姫>
発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** *** *** 

カテゴリー: プラテーロとわたし, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です