朗読パフォーマンス

昨日は、白山市のH中学校の文化発表会だった。
そのなかで、1年生全員による“朗読パフォーマンス”の発表があった。

私は、何回かワークショップやこのパフォーマンスのための練習の授業に入った。

1年生全員130人あまり、声を合わせての古典の朗読は、ホールのステージと客席全体に響きわたった。
これだけの人数の声って、迫力があるな~~、日ごろの全体練習は、学校のランチルームだったんだけど、やはり、ホールでの声は、深みがある。それが130人あまりの声なんだから。
練習よりも本番が一番いいパフォーマンスだった。

ステージの袖で聴いて・観ていて、感激。

*** *** *** *** *** ***   
うぐいす姫CDジャケット本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD
 
 “ふたつの声の物語” 
CD<うぐいす姫>
発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** *** *** 

カテゴリー: 学校 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です