<雪果て・櫻衣コンサート in 六甲・里夢>

里夢ちらし22日は、神戸・六甲で “語りとギターの織りなす情景” <雪果て・櫻衣コンサート in 里夢  だった。
六甲山の麓のホール&ギャラリー“里夢”(さとむ)で。

雪が消えて、六甲山麓が櫻の衣を纏うころ 
のコンサート・・・・のはずだったけど、
六甲はまだ櫻の蕾がふくらみ始めたところだった。

語りとギター

“里夢”の前の道を、心地よい風が吹いていた。
この風・・・故郷の風だな・・・・
風の匂いも懐かしい。

この辺、ぶらぶら歩いたな・・・・

階段を降りると里夢・・・ ヨーロッパ風の階段を降りていくと、
そこは、ギャラリー&ホール“里夢
ここには、現の世界とは違う時間が流れているような気がする。

語りとクラシックギター昼と夜の長さがちょうど同じ頃なのに、
もう春はやって来たって頃なのに、
時間を逆戻りさせて、里夢のなかに、“雪女”が雪を降らせたのだ、この午後。

ほかに 「智恵子抄」 など・・・・
クラシックギターソロでバッハ

宮崎陽子さんのフラワーアレンジメントクラシックギター;谷内直樹 さん と

1年に1回、神戸で語りのコンサートを始めて6年たった。
始めの4年は岡本ギャラリーで。それから六甲・里夢に。
里夢での語りは、2回目。
“ただいま”って気持ちだった。

宮崎 陽子さんのフラワー・アレンジメント<野の花>に囲まれて語り、演奏した。

打ち上げは・・・
里夢の向かい側にある素敵なカフェ・レストラン
<テテ ア テテ (tete a tete) >で!

<画像をクリック!>

カテゴリー: ギャラリー, 神戸・六甲ライブ, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です