“さくさくらちるさくら・・・”

咲く桜・・・・“さくらさくらさくさくらちるさくら”(山頭火)

曇り空の下・・・咲く桜、散る桜

ここは、金沢城から見て、卯辰の方向にある山、卯辰山の中腹
安政五年、飢饉の年、町の人々は、ここから、城に向かって
「ひもじーわいやー」
「米 ほしいわいね~」
と叫んだ。
散る桜・・・・
離れて観ると、ぽっと、ぼんぼりみたいに、桜がほのか・・・
桜色がほのか・・・

カテゴリー: おたより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です