語りと音楽の織りなす幻想の世界~夢を綴る

夢を綴る・リーフレット
“言奏で 音語る” 
語りと音楽の織りなす幻想の世界
“夢を綴る”夏目漱石・作《夢十夜 より》 は、
5月16日、終了した。

たきざわ たく さん と
こんな夢、見たことがあるような気がする・・・・・
哀しい夢、怖い夢、恐ろしい夢・・・・
・・・夢の中で、自分の知らなかった自分に会ったりもする

(出来ることなら会いたくないけど・・・) 

そんな夢の数々を、語り&シンセサイザー&パーカッションで、表現した。
幻想の世界が会場に拡がった。

幻想的なステージ
突然聴こえてくるほら貝の音
暗い海に響く船の音
真っ暗な田んぼから聴こえる不気味な得体の知れない音
ポップなリズム
ロマンティックで哀しいメロディ・・・
ヤマダ ベン さん

シンセサイザー たきざわ たく さん、
パーカッション ヤマダ ベン さん
の音が、幻想的な不思議な世界を創り出す。
夢を綴る・・・

会場の  金沢市民芸術村 ドラマ工房 を出たら、上弦の月が輝いていた。
<画像をクリック!>

カテゴリー: 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です