遍(あまね)フォーラム

リーフレット6月14日、第2回遍フォーラムで、かつおきんや氏の作品 「らくだは空をとんだか」 を朗読した。

会場は、石川県立音楽堂交流ホール

第2回遍フォーラムには、「梅田日記を探る・活かす・楽しむ ~歴史資料の活用とこれから~」というタイトルがつけられていた。

リーフレット幕末の金沢町民の暮らしが綴られた「梅田日記」を活用していこうという 遍プロジェクト が主催

かつおきんや氏は、「梅田日記」を発掘した方であり、また、その中の記述をもとにして書かれた歴史物語「らくだは空をとんだか」の著者でもある。

このフォーラムのなかで、基調講演をされたかつおきんや氏の作品の朗読を担当した。

かつおきんや氏の作品の朗読は、今回で、2作目になる。

私は、どの作品からも、
“小さな者”“弱い者”に対しての、かつおきんや氏の暖かい眼差しと、
“威張っている者”“権力を振りかざす者”に対する憤りを感じる。

私は、かつおきんや先生、外美子先生には、昔からお世話になっている。
ずっとずっと、暖かく見守って下さっているかつお先生ご夫妻に、
感謝の気持ちをどれだけお伝えしても伝えきれないくらい・・・・
<画像をクリック!>

カテゴリー: 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です