学校での語り

高等学校での語りこの数年、“ 言葉、語り、朗読 ”というものの楽しさ、大切さが、学校でも取り上げられている。
小学校、中学校、高等学校で語ったり、朗読したり、そして声に出すということのワークショプをすることが多い。

目の前で、目を輝かして聴いている子どもたち、生徒たちに
物語や民話、詩を語り届けるのは、わくわくするほど楽しい。

でも、子どもたちは、怖い“先生”なのだ。
つまらなくなったら、たとえ、顔がこっちを向いていても
心は、すぐ、そっぽを向いてしまう。

*** *** *** *** *** ***   
うぐいす姫CDジャケット本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD
 
 “ふたつの声の物語” 
CD<うぐいす姫>
発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** ****

カテゴリー: ワークショップ, 学校, 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です