広島へ

両親のことで広島に行った。
子どもの頃から、何度も遊びに行っている広島。
でも、今回はしみじみ。

広島の街には、豊かな川が幾つか流れている。
山から流れる雪解け水が本流を一気に流れ下るのを、幾つかの川に分けているのだそうだ。
すぐそこに山がせまり、ちょっと行くと海・・・そんな街・広島。

山からの雪解け水が一気に流れるのを防ぐために、川を分けているのだそうだ。
路面電車が橋の上を走っている。

1年ぶりに訪れた平和公園。
空に向かって折鶴を掲げる少女の像の横で、平和の鐘が響いていた。

両親は、もともと広島の生まれ。
近しい人々が何人か、原爆にあっている。

大田川の横に原爆ドームが建っている。
原爆ドームの下のあの日のままにしてある瓦礫は、無言の訴えをしているようだ。

このすぐそばの相生橋のT字型が、原爆投下の目標になった。
熱い熱いって、この川に入っていった人々がたくさんいたのだろう。

自分が立っているここで、あのとき・・・・
そう思ったら、立っているのが申し訳ないような気がしてきた。
真っ青な空、白い雲、豊かな流れが、かえってあの時の恐ろしさを浮き立たせるような
・・・そんな気がした。

立派なケヤキが伸び伸びと枝を空に向かって伸ばしていた。

<画像をクリック!>

カテゴリー: おたより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です