「光と影の恵子の一座」

日にちが遡りますが、6月13日(土)は、"光と影の恵子の一座"に参加しました。
恵子さんが亡くなって、10年以上たちます。
「身近なところで、語りや音楽を聴いてもらえる場を作りたい」と言っていた恵子さん、
そんな恵子さんの夢を実現しようと、親しい人が集まって、作ったひとときが、
"光と影の恵子の一座"です。

一年に一回、恵子さんの命日に近い6月初旬に開かれます。
毎年、参加してきました。

2015年6月13日恵子の一座語りIMG_1854

今年は、
みみをすます」(谷川俊太郎・詩)を
ヴァイオリン の 辻子 奈緒美 さんと一緒に。

2015年6月13日二人IMG_1852

今年の会場は、金沢の真ん中、尾崎神社の近くにある旧園邸・松向庵

お玄関に、「恵子の一座」の暖簾が風に揺れてます。

2015年6月13日恵子の一座暖簾IMG_1838

<画像をクリック!>

カテゴリー: 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です