本田和・語りのひととき~「夜咄」

2016年2月26日夜咄チラシ小2月26日(金)19:00からは、第3回本田和・語りのひととき~夜咄(よばなし)&夢十夜(夏目漱石・作)より第5夜と第10夜
でした。

「本田和・語りのひととき」としては、4回目。
LFIでは、3回目です。

今回は、是非、2月という月に語りたいと思っていた作品「夜咄」(よばなし) 

夜咄とは、冬、炉の季節、夜に催される茶事のこと。
その茶事・夜咄が物語の核になっている語りです。

今回は、18:30より 気軽に楽しんでいただける抹茶とお菓子を用意しました。
Tさん、Hさんがお茶を点ててくれて、Sさんがそれをお盆に乗せて出してくれました。

茶道について、いろいろ調べていくうち、自分でも、気軽にお茶を点ててみたくなってきて、
モスグリーンの抹茶茶碗を購入しました。

はじめての試み、“語りとお抹茶のひととき”、楽しんでいただけたと思います。

2016年2月26日夜咄語り312787988_1000169303391443_2005822730_n

“貴女が飲んだとしても減るはずがないのだ。貴女は実際には生きていないのだから。″

2016年2月26日LFI夜咄器12784749_1000169286724778_999276199_n

亡くした女を強く感じたい。雪降る二月の夜、命日に催す茶会の席に、女は現れる。
灯火のもと開かれる茶事・夜咄の幽玄な世界感を本田和が語る。

音響のエンジニアさんであり、サウンドクリエーターの新谷美樹夫さんが、
語りに合わせて、音を作って下さいました。
その音を感じながら語り、気持ちのいいコラボレーションになりました。
言葉と音で、表現しているという実感!
たまらなく気持ちいい!

2016年2月26日LFI夜咄212804375_1000169306724776_1634939845_n

会場;L.F.I スタジオ
      金沢市上荒屋1丁目242-1
             (076-249-8911)
おひとり;1200円(抹茶とお菓子付き)

2016年2月26日夜咄薄茶IMG_2483

4回目は、7月27日(水)19:00~です。

<画像をクリック!>

カテゴリー: スタジオ, 本田和・語りのひととき, 語り, 語り~夢十夜, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です