「語りとギターの織りなす情景」 in 長町・海月が雲になる日

<2017年10月2日付 北陸中日新聞 より>


「語りとギターの織りなす情景 in 長町」~海月が雲になる日
 にて

朗読とクラシックギターによる公演「語りとギターの織りなす情景」が一日夜、金沢市長町の料理店「海月が雲になる日。」であり、同市の本田和さんが金沢三文豪の一人泉鏡花の作品「絵本の春」を読み上げた。
 本田さんは音楽と語りを融合した公演をしている。この日は谷内直樹さんのクラシックギターの演奏に合わせた。
 本田さんは声の調子だけでなく、表情も変えながらさまざまな登場人物を演じた。谷内さんのギターが作品の不気味な雰囲気を際立たせた。
 会場は明治末期に建てられた町家二階の群青の間。鏡花の作品をイメージしたという画家木村環(たまき)さんの絵画が飾られている。
 公演は店側の依頼に応じて催し、十四人(註・28人)が来場した。 (山内晴信)

<画像をクリック!>

カテゴリー: , 語り, 金沢・長町「海月が雲になる日」ライブ, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です