「白蓮華」出版記念の集いでの語り

庄田望さんが25年かけて綴った小説「白蓮華」
その出版記念の集いが12月9日に開かれました。

そのオープニングで、小説の中の20分ほどを語りました。
藤内の医者、蘭方医、盲目の女性
この3人を軸に、物語は進んでいきます。

史実に基づいて創作された作品。

主人公3人に想いを馳せながら・・・

尺八は盛本芳久さん。

<画像をクリック!>

カテゴリー: 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です