「荒れ野」~語りとチェロの織りなす情景 in 寺井

9月29日(土)は、
語りとチェロの織りなす情景~「荒れ野」(藤沢周平・作)
でした。

外は台風の前の雨模様でしたが風はなく、ほっとしました。

語り&チェロで表現したのは荒涼とした「荒れ野」。
コーヒー&焼き菓子を楽しんでいただきながら聴いていただいたけど、
荒涼とした荒れ野で果たして味わっていただけたかな・・・・

そのときそのときの空間に生まれてくる語りとチェロの世界、
昨夜だけの「荒れ野」の世界が生まれたと思います。
二度と生まれない世界・・・
これはライブの醍醐味です。

チェロは、いつもの
大阪フィルハーモニー交響楽団のチェロ奏者;林口 眞也さん。
アート&ミュージックの発信カフェ・ほっこりカフェひろた にて。


(2018年10月1日付北國新聞より」)

****************:

日暮れ、山を越えていた若い僧侶は道に迷う。
そこに忽然と現れた女に誘われ、女の家に泊まる。
荒れ野で僧侶が体験したものは・・・・

   語り;本田和
  チェロ;林口 眞也

会場;アート&ミュージックの発信カフェ・ほっこりカフェひろた
       能美市小長野町ト45-1、㈱ひろた美術寺井店2階 

<画像をクリック!>

カテゴリー: ギャラリー, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です