高校生の人たちへの語り

21日は、石川県の高等学校で高校生の人たちへの語りでした。

高校生の人たちに中原中也の詩を是非聴いてもらいたいと思い、
前半は「中原中也~汚れつちまつた悲しみに・・・」というテーマで、中也の詩を中心に中也の一生を語りました。
高校の教科書にも中也の詩が載っているとのこと。
中原中也の詩に、より近づいてもらえたら嬉しいな。

後半はがらりと変わって「怪談」~「耳なし芳一」「雪女」
毎回、この時期は、雪やみぞれになるのですが、
この日は朝から太陽の出るあったかい気持ちのいい一日でした。
雪かみぞれかな・・と予想して、「雪女」を用意したのですが・・・
でも、いいお天気だと、気持ちが明るく前向きになります。

生徒さんの司会、先生のお話。


<画像をクリック!>

カテゴリー: 学校, 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です