”源氏物語へのいざない” in 伏木・勝興寺

勝興寺・本堂 海の近く、富山県高岡市伏木のお寺
  勝興寺  

そのお寺のお宝のひとつは
貴重な源氏物語絵巻

「若菜」 の巻の 蹴鞠 と女楽 の場面の絵巻がある。源氏物語リーフレットこのリーフレットは、蹴鞠の場面。
<リーフレットをクリック!>

“3月のうららかな日、柏木、夕霧たちが蹴鞠をしている。
散る桜の花が雪のように降りかかっている。
蹴鞠の様子を覗いている女房たちの衣装の裾が、御簾の隙間から見える。
2匹の猫が御簾の端から走り出している・・・・“

そのほか、源氏物語にちなんだものとしては、全54帖の写本が六個の引き出しに入れて分納されているそうだ。

昨年2008年は源氏物語千年記で、日本各地で源氏物語にちなんだ催しが開かれたので、このお寺のこれらの絵巻は、全国を回っていたのだそうだ。
そのため、肝心のこの勝興寺にはなかったとのこと。

そこで、貴重な絵巻が帰って来た今年、
勝興寺寺宝展が開かれることになり
その期間中の4月25日と5月6日に、 “源氏物語へのいざない~くれない匂う” として
源氏物語の 朗読 と演奏、踊りの催しが開かれる。

4月25日(土)14:00~15:50 は、 “源氏物語へのいざない~くれない匂う・・・”夕顔 
シンセサイザー・  滝沢 卓  さん、筝・  丹羽 聖子  さん と
この日は、日舞“夕顔”もある。

5月6日(水)祝日は、14:00~15:50
 “源氏物語へのいざない~くれない匂う・・・” 若菜  
シンセサイザー・  滝沢 卓  さん、筝・  丹羽 聖子  さん と
源氏物語リーフレット

4月25日(土)~5月31日(日)は、 勝興寺寺宝展 が開かれる。

源氏物語絵巻の傍らで
源氏物語の朗読・・・・・・・
わくわくしている。

シンセサイザーの滝沢 卓さん、筝の丹羽 聖子さんとは、これまで何回か一緒にコラボレーションをしている。
また、ご一緒できるので、これも楽しみだ。

流れるような言葉、そして、シンセサイザーと筝の織り成す千年の昔の物語の世界を本堂に創り出したい。

いずれも、
主催;プロジェクト・夢・未来・ふしぎ 勝興寺
鑑賞入場料;1,000円
お問い合わせ;勝興寺事務局 0766-44-0037

風が爽やかな季節
海の近くの凛としたたたずまいのお寺・勝興寺へ
源氏物語の世界へ!
どうぞ!
<画像をクリック!>

*****************
アドレスが変りました>
新しいアドレス(いま見ていただいているアドレス)を、どうぞ、お気に入りにご登録を!
http://kazkatari.pasero.net
(旧アドレスは、http://kaz-mono-katari-bito.skr.jp/)
********************

カテゴリー: , 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です