また、与謝野晶子

リーフレットまた、歌人・与謝野晶子

10月16日(金)に、金沢市民芸術村ドラマ工房 で語る
“こよひ逢ふ人 みなうつくしき~与謝野晶子をさがして”
について・・・

私が与謝野晶子に魅かれていったのは、

〔清水へ祗園をよぎる桜月夜
     こよひ逢ふ人みなうつくしき〕

〔ああ皐月仏蘭西の野は火の色す
     君も雛罌粟われも雛罌粟〕

という晶子の短歌を身近に知ったころから。

もう、だいぶ前になる。
それから少しずつ、少しずつ、年月をかけて、晶子に近づいていったように思う。

晶子に“捉えられた”って感覚になったのは、2年前から。

しなやかでいて、決して揺るがない晶子。

「与謝野晶子を見たことがある」
と、父から、何度も何度も聞かされた。
与謝野晶子の何番目かの子どもと父は同じ学校だったとのこと。その子どもの保護者として、与謝野晶子が、学校に来たのだそうだ。
たった1回見ただけなのだそうだが、深く印象に残っているのだろう。

鉄幹の「人を恋うる歌」が好きで、機嫌がいいときは、よく歌っていた父。
そのとき、必ず、与謝野晶子を見たことを話してくれた。
「髪を大きく結い上げた人だった」と。

母は、こんな話をしてくれた。
昔、親戚の家の手伝いをしに、広島から東京に出て行ったとき、
「どうして、こんなにたくさんの人が集まっているのだろう?」
と思っていたら、ちょうどその日、近くで与謝野晶子のお葬式が行われていた。

父と母、それぞれに、与謝野晶子のことは、いまでも忘れない思い出として残っている。

そして、私・・・
与謝野晶子を辿る旅をしている。これからもし続けていくことだろう。

10月16日(金)19:30~ 金沢市民芸術村ドラマ工房へ どうぞ、おいでください。

語り で表現する与謝野晶子、川北 武志 さんの写真 で表現する与謝野晶子
写真は語りのBGではなく、語りは写真のBGではなく

2つの世界のコラボレーションで、与謝野晶子を辿る旅。

総合プロデュース・森田 正明 さん
映像デザイン・投影技師・竹田 太志 さん

音響・新谷 美樹夫 さん、照明・宮向 隆 さん、
舞台・山田 信彦 さん 

<画像をクリック!>

*************
CD[セロ弾きのゴーシュ」ジャケット “三つの音が調和する 幻想的な語りと音楽の世界” 
本田 和の2枚目のCD、完成・発売中

CD<セロ弾きのゴーシュ>~本田 和・語りの世界~

1.語り&チェロ
蜘蛛の糸」芥川龍之介 原作、宗像 和 構成・作曲
2.語り&クラシックギター
智恵子抄」高村光太郎 作詩、宗像 和 構成・作曲
3.語り&チェロ
セロ弾きのゴーシュ」宮沢賢治 原作、宗像 和 構成・作曲
ジャケット裏
語り・ものかたり人;本田 和、チェロ;林口 眞也、クラシックギター;谷内 直樹

2,000円(税込み)

CDリーフレット試聴できます(タイトルをクリック!)
蜘蛛の糸
智恵子抄
セロ弾きのゴーシュ

詳しくは、CD<セロ弾きのゴーシュ>~本田和・語りの世界~
<画像をクリック!>
******************

*** *** *** *** *** *** 
一枚目のCDは・・・  
うぐいす姫CDジャケット本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD
 
 “ふたつの声の物語” 
CD<うぐいす姫>
発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

カテゴリー: 公演~こよひ逢ふ人 みなうつくしき・与謝野晶子をさがして, 本田和の語り, 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です