秋の宵はファンタジー

シンセサイザー・滝沢卓さんと“秋の宵はファンタジー”

秋はファンタジーが似合う。
まして、夜は。

能美市根上図書館の閲覧室は、昼と夜とで、まるで雰囲気が変わる。
高い天井、ガラス越しの闇・・・
なんだか夜空の下にいるような気がする。

その図書館から、語りの依頼があったとき、即座に、決めた!
“ファンタジーを語ろう!”

・・・というわけで
10月24日の宵は
語りとシンセサイザーのファンタジックコンサート”秋の宵はファンタジー
シンセサイザー・  滝沢 卓  さん と

「きつねの窓」
「金子みすゞを“奏でる”」
シンセサイザー演奏

帰り道、手取川の近くの暗い道を車で走っていると・・・・
2匹のこげ茶色の動物・・・・
タヌキの家族が横切って行った。

帰り道も、ファンタジー!
チラシ
<画像をクリック!>

カテゴリー: 図書館, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です