西へ~与謝野晶子をさがして

昨日は兵庫県の芦屋、明日は枚方から京都へ。

故郷・兵庫県・・・ティーンエイジの揺れ動く頃を一緒に過ごした仲間との会だった。
私は体育会系ティーンエイジャーで、かつ、ノーテンキな日々を送ったけど。

会場は芦屋。
友人達に逢うと、すーっとあの頃に戻っている自分に気がつく。ネイティブの関西弁になっているし。
西へ西へ・・・

16日(日)14:00からも、やはり、西、
京都・二条のサロンNIJO poco a poco HALL ぽこあぽこ
(京都市中京区西ノ京職司町8-2)で、語る。

こよひ逢ふ人みなうつくしき・チラシ
語りとピアノで綴る   ~こよひ逢ふ人 みなうつくしき 
「与謝野晶子をさがして」

後半は、ピアノ演奏で、ドビュッシー「月の光」、モンポウ「哀歌」、リスト「ため息」他
ピアノ・篠原 美樹子 さんと

長年ずっと辿り続けている与謝野晶子さんについてのオリジナルの台本で。昨年10月の金沢での公演の再演になる。(台本の手直しはしている)

与謝野晶子さんの跡を、まさに辿っている。晶子さんの姿が見えるみたい・・・・
京都での“与謝野晶子をさがして”とてもわくわくしている。
<画像をクリック!>

カテゴリー: おたより, 公演~こよひ逢ふ人 みなうつくしき・与謝野晶子をさがして, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です