“あなたへ~「恋文」”スタート

今年の11月16日(火)の語りの公演
あなたへ~「恋文」 ”に向かって、
いよいよ、歩き出した。

昨年10月の“こよひ逢ふ人 みなうつくしき~与謝野晶子をさがして”が終わって
まもなく、2010年の語りの公演の準備に入った。
仲間と話し合い。
次の公演のテーマは、“恋文”と決まる。

会場は、金沢21世紀美術館シアター21

音楽は、ピアノの青山 保さん。
青山 保 さんとは、5,6年前にご一緒させていただいた。あのときは、青山さんと青山さんのお仲間の音に囲まれて、気持ちよく語ることができた。
「恋文」も青山さんの奏でる音楽と一緒に気持ちよく語りたい。

音響・舞台監督;新谷 美樹夫 さん
照明;宮向 隆 さん
という、本田 和のステージのことをよく知ってもらっている、いつもの頼もしい人たち。

そして、昨日は、プロデュースの森田 正明さん
舞台監督・音響の新谷 美樹夫 さん、
総合デザインの斉藤 慶さんと斉藤慶デザイン研究所のみなさんとのミーティングをした。
ステージのデザインも決まった。

今日は、森田さんと一緒に、青山 保さんのところで音の打ち合わせをした。

“あなたへ~「恋文」”のリーフレットは、まもなく出来上がる。
書家・池多 亜沙子 さんの書が、リーフレットとステージを飾る。
いままでの本田和のリーフレットとがらっと代わり、あっと目を弾く斬新!!なものになる。

さあ、11月16日に向かって!

カテゴリー: 公演“あなたへ~「恋文」”, 本田和の語り, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です