怪談・・・・

これから怪談が始まる・・・H市M小学校6年生の合宿の夜の語りに行った。合宿の場所は昨年に引き続き・・・・と言っても、昨年も6年生だったから聴き手は違うが・・・能登海浜道路に乗って、海の近くの羽咋・国立能登青少年交流の家

昨年と同じように雨、それもどしゃぶり。私がこの道路を走るときって、どうしてこんなにどしゃぶりが多いのだろう。

“肝試しに出かける前に、怪談を聴かせて、思いっきり怖がらせてほしい”という長年の友人であるN先生からの依頼なのだ。

雨のため、肝試しは中止。怪談をたっぷり聴いて、肝試し以上に怖がってもらう?!ことになった。
時間がたっぷりになったので、N先生タイムも作ることができ、みんなで身体をたっぷり動かして・・・そして・・・広いスペースをいっぱい使って、ろうそくを何本も灯し、「耳なし芳一」ほかの怪談をたくさん語った。

途中でピカッと稲光、凄まじいという“天からの演出”もあって、気持ちよく怪談を語った。

天井の電灯は消えて、ろうそくの明かりで怪談・・・
ろうそくの灯りに照らし出された“私”の顔が、怪談よりも怖かった・・・・という声もあったけど。
写真をクリック!

カテゴリー: 学校, 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です