高等学校での語り

M高等学校図書館にて昨年11月、石川県立松任高等学校図書館で語ったときの画像をいただいた。

松任高校が付けて下さったタイトルは
“ストーリーテラーがやってくる”

図書館の担当の先生、学校司書のかたが、
そのときのために、天井にスポットライトを付けて下さって、
図書館がライブハウスになったようだった。

尺八・盛本さん と放課後、自由参加だというのに、図書館は生徒さんたちでいっぱい。
用意した椅子が足りなくて、急遽、隣の部屋から運んでおられた。
生徒さんたちの熱気で、まさにライブハウスのようだった。

尺八奏者の盛本 芳久さんと一緒。

語り「雪女」そのときも「雪女」を語ったな・・・・途中から、雷鳴、稲光・・・・だったな・・・
画像をクリック!

*** *** *** *** *** ***   
本田和とキャッシー・スパニョーリによる日本語と英語の掛け合いの語りのCD  “ふたつの声の物語” CD<うぐいす姫>発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、英語を母国語とする人も、物語を楽しめます。
また英語を学んでいる人にも、日本語を学んでいる外国の人にも、お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** *** *** 

カテゴリー: 学校, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です