詩とものがたり・・・《和ぼっこの会》

本番前のリハーサル以前のこのおたよりでも書いた“詩とものがたりを読む” 《和ぼっこの会》 は、5月12日に無事終了した。

場所は、金沢大学の50周年記念につくられた古民家「角間の里

これは、声に出して、本田和と詩やものがたりを読んで楽しみましょうという《ワークショップ“声読”の楽しみ》のいわば発表会。

本番前のリハーサル北原白秋、草野心平、室生犀星の詩や、物語、古典・祗園精舎などを、声に出した。

いつものワークショップと違って、今回はお客様に聴いていただくということだったが、みんな、落ち着いていて、練習のときよりも、リハーサルのときよりも、本番が一番よかった!
みんな、すごいな~~~

みんなで衣装や台本板を工夫したりして、楽しんでいたな・・・

生き生き、のびのびした声が、古民家の中を気持ちよく響いていた。

<画像は当日リハーサル>

本田和ワークショップ《“声読”の楽しみ》については、このHPの<ワークショップ>を!

*** *** *** *** *** ***   
うぐいす姫CDジャケット本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD
 
 “ふたつの声の物語” 
CD<うぐいす姫>
発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** *** *** 

カテゴリー: ワークショップ, 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です