ワークショップ in 能登・中島町

志雄町から見た海3月終わり、能登の海に沿った道を車で走って
七尾西湾中島町に行った。
能登の海は、まだ、冬。
風が強く、白い波が立っていた。
途中、志雄町で、能登の海を眺めながら、
しばし、コーヒータイム。
苦いエスプレッソ・コーヒーがおいしい。
視界の中には、ただただ海。
そんな景色を眺めながら、一人でコーヒー!・・・・なんと贅沢な時間だろう。
ひょいと違う世界に迷い込んだみたい。

中島図書館
 中島図書館 主催のでの、“ 声に出して楽しみましょう ” という  ワークショップ    。
<声に出す>ということに関心を持っていらっしゃる方々、すでに声に出すことをしている方々が参加された。
言葉遊び、詩などで、1時間半、ワークショップをした。

中島図書館は、七尾市中島町にあり、能登演劇堂と同じ建物。
画像の向かって右側は図書館、左側は劇場

能登演劇堂は、仲代達矢さん率いる無名塾の本拠地だ。
ホールは仲代達矢さんの構想で建てられたのだそうだ。
能登演劇堂ステージと客席の面積は同じ。
ホリゾントの大きな扉が開くと・・・・
ステージの後ろに屋外の風景がそのまま“屋外舞台”として現れるようになっている。
そこから、役者さんが馬に乗って屋内ステージに入ってくる・・・・
ということもあるそうだ。

演劇堂の建物の後ろは、山
山に囲まれて、建っている。
劇場の外観

それからもうひとつ、わくわくしたこと・・・

それは・・・・
私は、万葉集のなかの能登の国の<しただみ貝>を詠んだものを長い間語っている。
その舞台となっている机島は、なんと、中島町にあるのだ!!
こんどは、机島を見たいと思っている。
<画像をクリック!>

*** *** *** *** *** ***   
うぐいす姫CDジャケット本田和とキャッシー・スパニョーリによる
日本語と英語の掛け合いの語りのCD
 
 “ふたつの声の物語” 
CD<うぐいす姫>
発売中

“音楽のように美しく調和する二つの声” をお楽しみ下さい。

日本語を母国語とする人も、
英語を母国語とする人も、
物語を楽しめます。

また英語を学んでいる人にも、
日本語を学んでいる外国の人にも、
お勧めします。

詳しくは、HP内 CD<うぐいす姫> を!!

  *** *** *** *** ****

カテゴリー: ワークショップ, 図書館 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です