語りと尺八の夕べ

8月28日(日)18:30から、医王山の麓・俵町のギャラリーISOLAで、
<語りと尺八の夕べ> だった。

このギャラリーは、家具つくりの尾田 伊生さんの工房にある。

ちょうど、ここで、1年に1回開催される
尾田 伊生展ーギャラリーISOLA・工房・open houseーの会期中のイベントだった。

準備のため、17時にギャラリーに入った。
工房もギャラリーも全部、尾田さんの手作りなのだ。
海まで見わたせるテラスに坐って、景色を眺めていると、
まるで映画の中の異国にいるような気がしてしまう。

開演の直前、真っ赤な夕日がゆっくりと落ちていくところを観ていた。
もうちょっとで海に入る
・・・というところで開演時間になった。

だんだんと色が変わっていく日没の空の色が、
会場となったギャラリーの窓をまるでキャンバスに変えてしまったようだった
(らしい・・・というのは、その窓は、私の後ろ側にあったから、客席からしか見えなかった)

客席の椅子は、もちろん、全部、尾田さんの作品。
尾田さんの作品に囲まれての語りと尺八のひとときだった。
椅子たちが、まるでおしゃべりしているみたいだ。

虫の声ともコラボレーションした夕べだった。

「宮沢賢治の詩」
「100万回いきたねこ」
「子どもの頃へ想いをはせて・・・」

金沢市俵町・尾田伊生さんの工房 にて

尺八・琴古流尺八・盛本 芳久 さん と
<画像をクリック!>

****************

【ワークショップ“声読”の楽しみ・ご案内】
声と身体のワークショップ
“声読”の楽しみ

声に出して・・物語・詩・古典・民話などなど・・・
身体に響く言葉を感じて・・・ 
ものかたり人・本田和と気持ちのよいひとときを過ごしましょう

声に出すって気持ちがいい、
物語や詩を読むって心地いいな、
日本語って綺麗、面白いな、・・・
自分の声を体で感じて、気持ちのいい時間を過ごしましょう・・・
そんなワークショプです。

都合のいい日だけの参加でも大丈夫。
充分楽しんでいただけます。
お気軽にどうぞ。

ワークショップ>←←ここをクリックしてください。

<毎月原則として>
*第2・第4月曜日
14:00~15:30

(詳しくは、下記にお問い合わせ下さい)

<場所>金沢・額谷・「ふれんず
山側環状線金沢市額谷1丁目交差点角、
国際ホテル近く、
旧石川社会保険センター、現在、北國文化センター南教室、北がわ・横

<会費> 1回につき 1,500円
(「ふれんず」のおいしいコーヒー付)

* テキスト用にコピー代(実費)をいただくこともあります

<申し込み・お問い合わせ>
076-298-6622(坂井) 
または hiroba@kazkatari.pasero.net

カテゴリー: ギャラリー, 語り, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です