星野道夫・著「旅をする木」

本田和の語り”~「星野道夫のアラスカ」は、
星野さんのエッセイ「旅をする木」を構成して創った。

”本田和の語り”のたびに撮影をお願いしているのは、
写真家沢麻美さん。

彼女とは、不思議な縁で繫がっている。
以前、私がT中学校の授業に入り、語りをしたとき、
そのクラスに沢麻美さんがいた。
当時のT中学校のK先生からの依頼だった。

それから、何年もたって・・・・写真家さんを探していたとき、
たまたま出会ったK先生が、教え子さんに「写真家になった人がいるよ」と紹介してくれたのが、沢麻美さん。

そして、彼女との2度目の出会いが始まった。

そうして・・・またまた、嬉しいことが!

沢さんが中学生のとき、いい本があるよと、K先生からプレゼントしてもらったのが、星野道夫さんのエッセイ「旅をする木」のハードカバーだったのだそうだ。

語りを聴いているうち、「旅をする木」のなかの言葉だとわかって、撮影しながらびっくりしたそうだ。
そして、嬉しかった・・・とのこと。

縁はどこかで繫がっている。
不思議でもなんでもないのかも。

カテゴリー: 公演~星野道夫のアラスカ, 本田和の語り, 語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です