ジーンズを纏う

外国人の少女二人が、電車の中で、櫛でリンゴを割って食べたことが、
私に新しい世界を見せてくれた、ということを書いたが、

もうひとつ思い出すのは・・・・
やはり、ものの見方、考えかが変わったというSさんのこと

私よりも人生の先輩のSさんが、以前、話してくれたこと・・・・

ある日、Sさんが道を歩いていたら、
何人かの若者が、ジーンズをはいて、
道に坐りこんでいたのだそうだ。

道に坐りこむなんて、Sさんの年代では考えらないことだった。
ところが、ジーンズをはいたら、道に坐れる!

常識ということにとらわれない象徴が、
彼の場合、ジーンズを纏うことだった。

その次、彼と会ったときは、ジーンズをはいたかっこいい姿だった。

カテゴリー: 本田和の語り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です