山口・湯田温泉の中原中也記念館へ

「中原中也・汚れつちまつた悲しみに・・・」~本田和の語りの金沢公演が終わった次の週、
山口の湯田温泉にある「中原中也記念館」を訪ねました。

記念館は中也が生まれた家の跡に建てられた建物です。
白い建物に緑の樹々、建物のなかも白のイメージです。

中原中也を語ることのお礼と、
これからも語り続けることへの「よろしく」を、まず中也に伝えました。

ちょうど企画展「中原中也の散歩生活」の会期中。
散歩が好きだったという中也。
散歩しながら、様々なものを身体全体で感じたのでしょう。

建物に入るアプローチにも、館内のガラス窓にも、中也の詩がちりばめられています。
中也の生まれたこの地に立って、はじめてはっと思ったこともいくつかありました。
中也をたくさんたくさん感じた時間でした。

山口と言えば、私にとっては敬愛するFさんの生まれた地でした。
金沢に住んでいらしたFさんは、びっくりするくらいグローバルで、けた外れにスケールが大きくって。
どうしてなんだろう?と思っていました。
でも、山口を訪ねてちょっとばかりわかったような気がしました。

山口は、今年は「維新政策150年」の記念の年にあたるそうです。
あちこちに、いまでも維新の風が吹いています。
中原中也記念館の近くの道を歩いていた時、たまたま出会った人が、
「薩長同盟が結ばれた祝いに、この旅館の中庭で、西郷隆盛、坂本龍馬、桂小五郎らが酒盛りをした」と向かい側に見える松田屋ホテルを指さして教えてくださいました。
井上馨の生まれた家の跡に作られた井上公園、フランシスコ・ザビエルの記念聖堂。
また、その男性が通っていた中学校(?)の宿直室には、かつて種田山頭火がしょっちゅう来て、お酒を呑んでいった・・・とのこと。
いろんな歴史が生きているんだな。

中原中也に出会って、湯田温泉でゆったりして、維新を感じた山口でした。

6月17日は神戸・六甲公演です。


<画像をクリック!>

カテゴリー: おたより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です