須賀 敦子さんに夢中!

6月のメロメロポッチ<弦奏の夜>“語りとクラシックギターの夜・第20夜”は、
須賀 敦子・作「こうちゃん」を語った。

私は、この半年、須賀 敦子さんの作品に夢中になっている。

2、3年前だったか・・
友人である古書・Duckbill の本棚で、須賀敦子・訳の文庫本を見つけた。

須賀 敦子さんの名前もなんとなく知っている・・・という程度だったけど
ちょうど旅行に出る前の日だったので、列車の中で読むのにちょうどいいかなと、手に持って軽い本を取り出した。

私がその本「ある家族の会話」をカウンターに持っていくと
友人Yさんが、訳者である須賀敦子さんに心酔しているような声で
「須賀敦子さんだものね~~~」

その声、いまでも耳の奥に残っている。

でも、私は列車の中では眠ってしまって、その本は読まず、帰ってからは、そのまま本棚の奥に直行。

そして、いまから半年前、偶然見つけて読んでいくうちに
“すごい”
言葉のひとつひとつが、深く静かに身体の内にしみこんでくる。

それから夢中になって、次々、読んだ。
訳ではなく、須賀敦子・作を。

そして、須賀さんの作品のなかでも、異色の「こうちゃん」
“あなたは こうちゃんに あったことが ありますか。
こうちゃんって どこの子かって。 そんなこと だれひとりとして 
しりません。・・・・・・・・”         (「こうちゃん」より)

どこの子なのか、誰一人知らないけれど、確かに存在している「こうちゃん」

時々、自分の中の“こうちゃん”に話しかけている自分に気が付く。

*************
CD[セロ弾きのゴーシュ」ジャケット “三つの音が調和する 幻想的な語りと音楽の世界” 
本田 和の2枚目のCD、完成・発売中

CD<セロ弾きのゴーシュ>~本田 和・語りの世界~

1.語り&チェロ
蜘蛛の糸」芥川龍之介 原作、宗像 和 構成・作曲
2.語り&クラシックギター
智恵子抄」高村光太郎 作詩、宗像 和 構成・作曲
3.語り&チェロ
セロ弾きのゴーシュ」宮沢賢治 原作、宗像 和 構成・作曲
ジャケット裏
語り・ものかたり人;本田 和、チェロ;林口 眞也、クラシックギター;谷内 直樹

2,000円(税込み)

CDリーフレット試聴できます(タイトルをクリック!)
蜘蛛の糸
智恵子抄
セロ弾きのゴーシュ

詳しくは、CD<セロ弾きのゴーシュ>~本田和・語りの世界~
<画像をクリック!>
******************

カテゴリー: おたより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です